掛け捨てか貯蓄か!?生命保険 比較

生命保険は貯蓄型と掛け捨て型に分けられます。それぞれに長所、短所があるので個人に合った保険を選ぶべきでしょう。掛け捨てと貯蓄の生命保険 比較をしていきます。

まず、掛け捨て型の生命保険は定期保険といい、掛け金を支払っている期間のみの保障になります。比較的安い金額で入れますが、基本的に保険が適用されなければ払った金額が戻ってくることはありません。長所は金額が安いので保険に入りやすく、期間が決まっているので解約するのも容易です。
短所は年齢と共に金額が上がっていくのと保険適用がなければ払い損をすることです。掛け金は若いうちは安いのですが、歳をとるにつれて金額が高くなります。保険適用はないに越したことはないのですが、掛け捨ては払った分が返ってくることはありません。

続いて貯蓄型の生命保険は終身保険といい、払ったお金を積み立てながら長い期間の保障になります。長所は保険適用がなければ、将来お金が戻ってくるので、貯金になるところです。万が一の保障はありながら、何もなかった時は払ったお金が戻ってくるで払い損をすることがありません。

短所は金額が比較的高く、決まった金額を払い続けなればならず、解約も容易にできないことです。払い続けなればならないので負担になります。生命保険 比較は掛け捨て型か、貯蓄型か長所、短所を見極めて自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。